投資歴10年を振り返って今、現在のトレード手法。

投資歴10年を振り返って今、現在のトレード手法。

 

自分がFXを始めたのは10年ぐらい前からです。昔はよくニュースなどにも取り上げられたりして、ちょっとしたブームでした。10万円の資金から数千万円にしたとか、ネットでもそういった記事を見かける事が多くなり興味を持ちました。最初は国内の業者を使って取引してました。海外の業者を使うのに抵抗がありましたし、当時から海外業者による詐欺みたいなのがありましたから正直、海外業者を使うのに不安がありました。

 

国内のFX業者は海外に比べてサポートやサービスが充実してました。一番に安心できたのが例え業者が経営破綻しても提携先の銀行が、ある程度の資金を補償してくれるので安心して証券口座にお金を預けられます。海外業者はそれが無かったりします。しかし、自分にも転機が訪れ海外のFX業者を使う時がきました。それはスイスフランショックです。このショックは多く投資家を相場の世界から退場させました。

 

そして、自分もその一人です。ネットでは追証が数百万円~数千万円になったとか騒がれたりしてましたが、幸い自分は運良くストップ注文が入り追証は40万円で済みました。なんとか追証40万円を払い、新たに出発しようとした時にネットで見つけた海外業者に驚きました。あのスイスフランショックがあっても追証なしで営業してました。海外業者はゼロカットシステムを採用してる所があり、ゼロカットシステムは簡単言えば追証なし、つまり自分の資金よりもマイナスになる事がないんです。それに日本はレバレッジ25倍までと規制が入っていたので海外のレバレッジ200倍~1000倍に惹かれ海外業者に移りました。

 

海外業者に移ると同時に裁量トレードを辞め、EAと言うFXの自動売買システムを使うようになりました。EAはメタトレーダーで使う自動売買で自分がトレードしなくても勝手にシステムが売買を繰り返し利益を上げてくれるので楽です。人それぞれなので絶対にこれが良いとはありませんが、自分の中では裁量トレードよりも正確にトレードできるし、ルールを破る事がなくなるので自然と利益が出ました。FXはあくまで投資なので、いくら稼ぐと目標額を決めて目標額に到達したら一旦は止めたりと休憩期間を設けると上手く行く気がします。