FXとは何かの説明と危険性。そして豆知識。

FXとは何かの説明と危険性。そして豆知識。

 

まず初めに、FXとは正確には、margin foreign exchange tradingといって、そのforeignとexchangeからそれぞれ一文字ずつ抜き取り、FXと、英略されています。日本語でいうと、外国為替証拠金取引といわれ、外為と略して呼ばれています。

 

それは簡単に言えば、米ドルやユーロなどの外国の通貨を売ったり、買ったり、すなわち売買して、損益が発生する取引のことを指します。それは、日本円とユーロなど、違うふたつの通貨を転換し、その差額が儲けになる、という仕組みです。小額の証拠金をかけて、大きく外貨を使う取引でもあります。そもそも、証拠金取引とはご存知でしょうか。証拠金取引とは、証拠金を担保に入れたうえで、その何倍もの金額を動かして行う取引です。

 

そこで、小さな金額をあずけて大きな金額を動かす原理を、てこという意味の英語を使用して、レバレッジ効果と呼びます。FXとはとても魅力的なお金の稼ぎ方法です。ドルやユーロなどの外国通貨を交換、または売り、その差額が出るのをただ待ち、差額が大きく揺れたところで買い取ればいいのですから。聞いているだけでは、すごくいい稼ぎ方ですよね。ただお金が入ってくるよを待って入ればよいのですから。

 

しかし、現実はちがいます。売買するとき、証拠金にレバレッジをかけて取引したとしましょう。レバレッジをかけるとは、はじめに自分が契約している取引会社に実際に自分のお金をあずけいれることをさします。それが、証拠金としてあずけられるのです。では、レバレッジをかけて取引したとしましょう。為替相場が良い方向に転がったとき、はたまた悪い方向に転がった時はどのように変わるのか。まずは、有利な方向に変動した場合です。

 

その場合、レバレッジ効果により大きく収益をあげられます。では、不利な方向へ移動するとどうでしょうか。その場合、とても大きな損失を被ります。また、かけてもいたので、かけてもいたので、もしかしたら損失が証拠金の額を上回る可能性もありますね。その場合は、さらに多大な損失が危ぶまれます。このように、FXとは、危険ではありますが、外国通貨をしたりすることでしたりすることでその差額で儲けを出す金融商品であります。