通貨ペアの特徴を掴むことでチャンスが訪れたときに対応できます

通貨ペアの特徴を掴むことでチャンスが訪れたときに対応できます

 

FXを始めなら取引量の多い通貨ペアから始めるとニュースの情報量も多いので急な動きにも対応できます。初めてFXをするなら基本はドル円から始めるのが良いと思います。ドル円は日本人にとってもなじみのある通貨ペアで国内で最も取引量が多いのでスプレッドを0.3銭にしているFXの会社が多いです。

 

スプレッドが狭ければ短期トレードでプラスに持っていくことができるためドル円から始めてみると良いと思います。他の通貨ペアだとスプレッドが大きく開いてるのもあるので、動きがないときに切り上げて他の通貨ペアにしようと思ってもスプレッドが広すぎて赤字になることもあります。ドル円ならその辺の心配もないのでこれからFXをやるのであれば0.3銭に固定されているドル円がお薦めです。

 

他のクロス円には何があるかというとユーロ円、ポンド円、豪円が人気があり取引量も多い通貨ペアです。ユーロは世界の基軸通貨のドルの代わりになる通貨という位置づけもあるため、ドル円で動きがなければユーロ円に切り替えることで利食いができることがあります。

 

ユーロは複数の国が集まっているため、ヨーロッパの中のどれか1つの国の景気が悪いとユーロ全体に影響を及ぼすことがあります。ギリシャなどデフォルト危機にある国がいくつかあるので最新の経済ニュースをチェックしながら取引するようにした方が良いと思います。

 

ユーロ円とつながりのある通貨ペアはユーロドルです。取引量は世界で一番多くトレンドに入るとしばらく続く傾向があります。世界中の国々がユーロドルに注目しているので指標があるときは大きく動くのが特徴的です。

 

ユーロ円はユーロドルと似たような動きをするのでポジションを取ったら通貨ペアの動きも合わせてみるようにすると良いです。

 

その次に取引量が多いのがイギリスのポンド円です。1日の値動きが極端に激しいときもあり、ドル円やポンドドルが動くとポンド円も連動して動いてきます。チャートを見ているとドル円とよく似た動きをします。

 

次いで人気があるのはオーストラリアの通貨ペアの豪ドルと豪円です。高金利が特徴的なのでスワップ目当てで投資することができます。豪ドルはニュージランドとの動きに連動しているので、オーストラリアの地域で大きなニュースがあった場合はドル円が動かないときでも豪円や豪ドルあるいはNZドル、NZ円だけが単独で動いてきます。

 

通貨ペアの特徴を知ることでチャンスを活かすことができるので幅広く見ておくようにするといいと思います。