デイトレードとスイングトレードは働いてる人でも気軽に投資できます

デイトレードとスイングトレードは働いてる人でも気軽に投資できます

 

FXの投資方法は大きく分けて3種類のやり方があります。1つめは日中働いてる人や出張などで忙しい人でもできるスイングトレードという投資法です。

 

スイングトレードは2日から1週間ほどで利益を出すやり方なのでスワップポイントも付くためじっくりFXで増やしていきたい人に向いています。狙う利益幅は50銭以上になったら利食いしていくようにすると安定します。チャートを見るときは週足の移動平均線を見ながら日足で大まかな流れを判断するようにしていくと良いと思います。

 

スイングトレードより少し短期売買で取引するならデイトレードが向いています。1日の流れの中で狙いを定めていくので早ければ10分ほどで利食いできます。日中働いてる人でも夜帰ってきてからできるのでデイトレードは一般的なトレードだと思います。

 

時間があるときは1日に何回も取引して利益を積み重ねていくことができるため短時間で数万稼げるときもあります。チャートは10分足を基準に見ていき60分足の移動平均線で流れを掴むと方向性が見えてきます。

 

デイトレードよりもっと短い時間で取引する投資法はスキャルピングといいます。略してスキャとも呼ばれています。数秒から数十秒程度で決済するやり方で数pip取れたらすぐに利確していくやり方です。

 

このやり方はロンドン時間やアメリカ時間で動きが慌しいときに向いています。東京時間の日中はほとんど動きがないのでスキャで取ろうとしても退屈な時間が続くことがあります。

 

スキャのデメリットはコツコツドカンになるパターンです。小さなレンジ相場で利益を積み重ねていたのがあるとき大きなレンジ幅になったとき今までの利益が吹っ飛ぶことがあります。

 

慣れていれば損切りしながら利益を守ることができますが、慣れてなかったり調子出していると反対の動きになったときに取り返すのが大変になることがあるので、スキャするならFXに慣れてからにした方がいいと思います。スキャで見るときのチャートは1分足か5分足です。

 

一般的にはデイトレードで数十分から数時間程度で利益を確保するやり方がFXを楽しみながら続けられます。投資する時間帯はアメリカ市場が活発になる21時すぎから0時ごろまでが良いと思います。